オンライン資格確認

  • 当院はマイナンバーカードによるオンライン資格確認を行う体制を有しています。
  • 受診歴、薬剤情報、特定検診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行います。

オンライン資格確認とは

 病院・クリニックなどの医療機関や薬局では、患者さんが加入している医療保険を確認する必要があります。この作業を「資格確認」と呼びます。従来の資格確認の方法は、患者さんの健康保険証を受け取り、記号・番号・⽒名・⽣年⽉⽇・住所などを医療機関システムに入力する、というものでした。この方法では「入力の手間がかかる」「患者さんを待たせてしまう」などの難点がありました。また、資格を失効した保険証を患者さんが提示した場合、医療機関・薬局が保険証の発行元(保険者)に医療費の一部を請求しても医療機関への支払いが行われなかったり、保険者が「元被保険者」である患者さんの医療費を負担したりすることになる問題がありました。

 オンライン資格確認は、患者さんの情報が集約、管理される仕組みです。この仕組みによって患者さんの保険情報の確認だけでなく、質の高い医療に貢献する情報を得ることができ、安心した医療を患者さんに提供することができるようになります。

オンライン資格確認のメリット

 オンライン資格確認を導入することには、医療機関と患者さんにとってメリットがあります。オンライン資格確認は、効率化や正確性の向上を図り、患者さんに安心した医療を提供するための重要なツールとなっています。


受付業務の手間削減

  • ・マイナンバーカードを使用した受付では、最新の保険資格を自動的に取り込むことができます。
  • ・保険証の場合でも、最低限の入力で資格情報を取り込めるため、手間が減ります。

資格過誤によるレセプト返戻の作業削減

  • ・オンライン資格確認を導入すると、患者さんの保険資格がリアルタイムで確認できます。
  • ・資格過誤によるレセプト返戻が減少し、窓口業務の負担が軽減されます。

患者の医療情報の入手による正確な医療の提供

  • ・オンライン資格確認では、患者さんの保険情報だけでなく、薬剤情報や特定健診情報も閲覧できます。
  • ・より正確な医療を提供できるようになります。

 

オンライン資格確認でできること

■マイナンバーカードが健康保険証として利用できます

 受付のカードリーダーにマイナンバーカードを置いて本人確認をしていただくと、 医療保険の資格をオンラインで確認します。 (※公費負担医療制度ご利用の方は、引き続き各種証書のご提示をお願いいたします。)なお、マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、マイナポータル等で健康保険証利用の申込が必要です。

■特定健診情報・薬剤情報がオンラインで確認できます

 ご本人の同意のもと、特定健診情報や今までに使った薬剤情報が医師と共有でき、より適切な医療が受けられます。

■限度額適用認定証の手続きが不要になります

 限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額を超える支払が免除されます。 (※自治体独自の医療費助成等については、書類の持参が必要です。)

▶詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

顔認証付きカードリーダーの利用について

当院で受付に設置しております。